力士雷電の生家

りきしらいでんのせいか 

概要(特色・おすすめポイントなど)

江戸時代の名力士、雷電為衛門は、明和4年(1767)に、信濃国小県郡大石村の関半右衛門家に生まれました。寛政2年(1790)付け出し関脇として土俵にのぼって以来、文化8年(1811)引退までの成績は総取組数285・勝星254・負星10・勝負預り等21・勝率9割6分2厘とも伝えられています。雷電は、寛政10年(1798)に生家を、金50両を投じて改築しています。(昭和59年(1984)老朽化のため関係者の協力で、現在の生家が復元されています。)土間に土俵と2階に棧敷席があるのが特徴で、雷電の衣類、履物、所持品等の一部を展示してあります。

開催時期・営業時間:
9:00〜17:00
定休日:
無休
所在地・会場:
東御市滋野乙1981-2
料金:
無料
利用申込:
 
受入可能人数:
 
所要時間:
 

施設について

駐車場:
なし
駐車料金:
トイレ:
なし
温泉地:
湯楽里館
宿泊場所:
明神館
団体向け食事処:
 
食事処連絡先:
 

アクセス

最寄り駅(1)
しなの鉄道 滋野駅下車 タクシー5分
最寄り駅(2)
最寄りIC(1)
上信越自動車道 東部湯の丸ICより 2.6km 10分
最寄りIC(2)

ガイド

有無:
無し
料金:
 
申込先:
 

問い合わせ

組織・施設名:
東御市教育委員会教育課文化財係
TEL:
0268-62-1111
FAX:
0268‐64‐5878
HPなど:
http://www.city.tomi.nagano.jp/